スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ローマ法王のNY訪問

4月18日から4月21日までローマ法王ベネディクト16世がNYを訪問、いろいろな行事をこなした。
Ground Zero への訪問,ヤンキースタディアムで6万人を集めたミサなどなど。
7百万人といわれる米国のカトリック信者に信仰の再生を訴えた。この信仰の再生がなかなか難しい。
ここ6-7年米国では、神父による信者の子供たちに対する性的な不法行為があばかれ、教会に対する幻滅感が、信者の間で広がっている。この問題に対する抜本的な解決は難しく、神父に結婚を許す、或いは女性の神父(プリースト)を許す等の案が出されているが、法王庁では問題外の提案として否定されている。
こうした教会の動きを見ていると、キリスト教とくにカトリックの硬直性が目立つ。
教義そのものに対する熱意が、神父の問題等で必要以上に下火になっている。
2000年たつと、宗教の熱意が落ちるのは間違いない。
しかし、モハメッド後、1400年の回教は、ますます情熱が盛り上がっているように見える。
この違いはどこから来るのか。
日本でも仏教が一番盛り上がったのは、末法思想が世を席巻した平安末期と言われている。
イスラムにも、末法思想があるのだろうか。
マヤ文明はBC3000年ころから栄えていた。そのマヤのカレンダーによると、2012年12月21日で暦は切れているらしい。結構今それが米国では話題になっていて、世界の終りと予言する人も出てきている。天文学の世界では上記2012年12月21日に、惑星が一列に並ぶ。
したがって惑星間の引力の関係が狂って、地震、火山の爆発等の自然災害が起こるという人もいる。
私の見るところでは、米国の景気の最悪期は2013年となっており、マヤの話と変に符号している。
空恐ろしいことである。



TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

若林栄四

Author:若林栄四
1966年、京都大学法学部卒業。東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)入行。同行シンガポール支店為替課長、本店為替資金部課長、ニューヨーク支店次長を経1987年、勧角証券(アメリカ)執行副社長。1996年末退職。現在、米国(ニューヨーク)に在住、日本では外国為替コンサルタント会社である(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役を務める。
著書:『大円高時代』(ダイヤモンド社/1994年8月)、『ドルの復活 円の失速』(ダイヤモンド社/1997年10月)、『勝つドル 負ける円』(フォレスト出版/1999年3月-大竹愼一氏との共著)、『黄金の相場学 2005~2010』(講談社/2004年12月)『黄金の相場学』(講談社+α文庫/2007年1月)など。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
近著紹介
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。