スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ドル・円 底打ち

ドル・円相場は11月12日の94円台で、2番底を達成したものと考えている。
これで結構2010年の初めぐらいまでドル上昇するのではないかと考える。
これだけのパニック相場だったので、結構大きな底が入ったのではないか。
10月24日の底90円88銭は、1995年4月の大底79円75銭からの黄金分割162ヶ月目(13年半)だったので、ドル下げのマグニチュードが大きかったのではないか。
逆に言うと、その後のドル反発は思ったより大きいということになりそうである。
目先は2月ぐらいに向けて104-5円だと思うが、紆余曲折を経て2010年初めには110円ぐらいまであるのではないか。しかし、もちろんこれはドル下げ相場の中の中間反騰に過ぎない。下げ相場の底は74円に見える。
1995年4月からの次の黄金分割262ヶ月となると、21年10ヶ月なので2017年2月が大きな日柄になりそう。そのときのドル・円相場はどうなっているか。はっきりしていることは、100円よりはるかに円安のレベルにあるということであろう。



TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

若林栄四

Author:若林栄四
1966年、京都大学法学部卒業。東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)入行。同行シンガポール支店為替課長、本店為替資金部課長、ニューヨーク支店次長を経1987年、勧角証券(アメリカ)執行副社長。1996年末退職。現在、米国(ニューヨーク)に在住、日本では外国為替コンサルタント会社である(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役を務める。
著書:『大円高時代』(ダイヤモンド社/1994年8月)、『ドルの復活 円の失速』(ダイヤモンド社/1997年10月)、『勝つドル 負ける円』(フォレスト出版/1999年3月-大竹愼一氏との共著)、『黄金の相場学 2005~2010』(講談社/2004年12月)『黄金の相場学』(講談社+α文庫/2007年1月)など。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
近著紹介
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。