スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



大印刷政策なのでドル安とこのコラムで書いたが、いよいよドル安のタイミングがやってきたように見える。
ユーロでは既に始まった。ドル・円でもあと1-2週間で本格的にドルが下がり始めるだろう。
米国の景気が悪いとか、欧州の景気がいいとか、そういう話ではなく、ドル印刷政策だからドルが下がるというのは、きわめて分かりやすい。
ユーロは、中期的にはここ3ヶ月ぐらいで1.41-42を目指すように見える。
ドル・円は91-2円まで5月中にやるような気がする。
昨年末のドル・円相場が90円台であった。
年足で100円をしっかり切ったのは昨年がはじめてである。世の中が変わったということか。
100円以上のドルは、とにかく売っておけばいいというのが、これからの当分の流れになりそうだ。
今回のドル売りのチャンスを逃すと、今度は8月中旬にもう一度ドル売りのチャンスが来そうだが、そのときのドル・円相場が100円以上である保証はない。5月第1週のドル売りのチャンスを逃さないようにしよう。
金相場が予想通り、910ドルまで上がってきた。まだまだ序の口なので、、どんどん買って行きたい。
先物でレバレジを効かせると、100倍ぐらいは簡単にいきそうである。
但し、レバレジをどこで加速させ、どこでは様子見するかというテクニックはなかなか難しい。
それが分かってないと、むやみやたらにレバレジを加速して、ちょっとした押し目でお手上げになってしまう。100倍は正しくやれば出来るが、下手にやると、飛んでしまう。そこが相場の醍醐味であろう。みんなが100倍儲けることは考えられない。しかしだからといって100倍儲からないともいえない。
今年は長丁場で金と格闘することになりそうだ。
スポンサーサイト



プロフィール

Author:若林栄四
1966年、京都大学法学部卒業。東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)入行。同行シンガポール支店為替課長、本店為替資金部課長、ニューヨーク支店次長を経1987年、勧角証券(アメリカ)執行副社長。1996年末退職。現在、米国(ニューヨーク)に在住、日本では外国為替コンサルタント会社である(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役を務める。
著書:『大円高時代』(ダイヤモンド社/1994年8月)、『ドルの復活 円の失速』(ダイヤモンド社/1997年10月)、『勝つドル 負ける円』(フォレスト出版/1999年3月-大竹愼一氏との共著)、『黄金の相場学 2005~2010』(講談社/2004年12月)『黄金の相場学』(講談社+α文庫/2007年1月)など。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
03 | 2009/04 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
近著紹介
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。