スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ドル・円

11月14日付のブログで94円台で2番底完成と書いたが、明らかに間違いであった。
しかし、固定相場360円からの月足サポートが93-4円にあり、大幅な円高は考えにくいと見ている。
12月5日91円台まで見たが、80円台へなだれ込むかどうかについては、もちろん可能性は大いにあるが、相場観としては懐疑的である。
相場観が完全に間違っているとのご指摘が読者からありました。
人間が予測しているので間違いはおこります。しかし2番底がどこで終わるかというのは難しい予測です。
90円87銭の10月24日の底値を更新すれば、完全に間違っていたというご批判に当たると思います。
やせ我慢ですが、今のところ完全に間違っていたのではなくて、間違っていたというのが正しい評価だとおもいます。
相場という神の領域に踏み込む話ですので、私としても、謙虚に自分を律していきたいと思います。
自分としては大きなトレンドをつかむことが大事だと思います。その中での小局面での予測は一番厄介なところで、一生懸命やっていますが間違えることもあります。
この種の仕事は間違えたときに批判されますが、当たったときに同じように賞賛あるいは感謝されることはありません。因果な仕事であります。
スポンサーサイト



プロフィール

若林栄四

Author:若林栄四
1966年、京都大学法学部卒業。東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)入行。同行シンガポール支店為替課長、本店為替資金部課長、ニューヨーク支店次長を経1987年、勧角証券(アメリカ)執行副社長。1996年末退職。現在、米国(ニューヨーク)に在住、日本では外国為替コンサルタント会社である(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役を務める。
著書:『大円高時代』(ダイヤモンド社/1994年8月)、『ドルの復活 円の失速』(ダイヤモンド社/1997年10月)、『勝つドル 負ける円』(フォレスト出版/1999年3月-大竹愼一氏との共著)、『黄金の相場学 2005~2010』(講談社/2004年12月)『黄金の相場学』(講談社+α文庫/2007年1月)など。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
近著紹介
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。