スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



セミナー情報

10月9日(木)午後8:00~9:30まで、「外為どっとコム」社主催のセミナーの講師を務めます。
詳細はこちらからご覧下さい。
スポンサーサイト



クロス/円と原油

先週から今週にかけての、相場大波乱の中で、静かにクロス・円の相場が底を打っている。
豪ドル・円90円、ユーロ・円157円、キウィ・円76円が大事な月足のサポートになっており、9月末このレベルをキープできると、相場の崩れはミニマムだったことになる。
しかし、豪ドル・円でもlower high lower low のいわゆる相場下げチャネルに入っており、、相場は戻っても売りである。
基本的には2007年7月で、クロス・円は天井を見た。7年間のスペクタキュラーな上昇を見て、既に大修正局面に入り始めている.大局的に見れば2011年半ばに向けて、それこそ強烈な円高が進行する上に、そのタイミングに向けて、原油を中心に、コモディティー(金を除く)が大暴落するように見える。原油年足から見ると、40ドルぐらいまで落ちそうである。
クロス・円危うし。2009年2-3月の戻り高局面は絶好の売りのチャンスとなりそうである。原油も2-3月までは結構戻り高をやりそう。新高値を見ても驚かない。というのは原油のチャート上のバブル頂点の値は157ドルとなっているからである。7月高値147ドルを抜くかどうかは分からない。



米国の金融危機

このところ日替わりメニューのように楽観、悲観が交錯し、相場が乱高下している。
世の中の人たち(日本人以外の)は、こういう問題に慣れていないので、ナイーブにいちいち反応している。
われわれは、この問題の経験者である。ほとんどの楽観材料は気休めに過ぎないことを知っている。
したがって、流動性の問題と、クレディットの問題を混同して、楽観的になったりはしない。
流動性をいくら供給しても、お金がほしい人にはお金が回らない。資金が取れなければ、倒産するということで、最終的に、資金の出し手がクレディットリスクをとるかどうかの判断である。
中央銀行がクレディットリスクをとるなら別だが、それをやると、中央銀行の資産が劣化する。
要は、この問題には抜本的な解決はなく、つぶれるものがつぶれるか、日本のようにつぶさないで、ながいことかけて、時間に解決をゆだねるかしかないだろう。
われわれが相場をやるにあたって大事なことはぶれないことである。だめなものはだめなのである。
気休めのニュースに一喜一憂するのはやめよう。



プロフィール

若林栄四

Author:若林栄四
1966年、京都大学法学部卒業。東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)入行。同行シンガポール支店為替課長、本店為替資金部課長、ニューヨーク支店次長を経1987年、勧角証券(アメリカ)執行副社長。1996年末退職。現在、米国(ニューヨーク)に在住、日本では外国為替コンサルタント会社である(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役を務める。
著書:『大円高時代』(ダイヤモンド社/1994年8月)、『ドルの復活 円の失速』(ダイヤモンド社/1997年10月)、『勝つドル 負ける円』(フォレスト出版/1999年3月-大竹愼一氏との共著)、『黄金の相場学 2005~2010』(講談社/2004年12月)『黄金の相場学』(講談社+α文庫/2007年1月)など。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
近著紹介
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。