スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ローマ法王のNY訪問

4月18日から4月21日までローマ法王ベネディクト16世がNYを訪問、いろいろな行事をこなした。
Ground Zero への訪問,ヤンキースタディアムで6万人を集めたミサなどなど。
7百万人といわれる米国のカトリック信者に信仰の再生を訴えた。この信仰の再生がなかなか難しい。
ここ6-7年米国では、神父による信者の子供たちに対する性的な不法行為があばかれ、教会に対する幻滅感が、信者の間で広がっている。この問題に対する抜本的な解決は難しく、神父に結婚を許す、或いは女性の神父(プリースト)を許す等の案が出されているが、法王庁では問題外の提案として否定されている。
こうした教会の動きを見ていると、キリスト教とくにカトリックの硬直性が目立つ。
教義そのものに対する熱意が、神父の問題等で必要以上に下火になっている。
2000年たつと、宗教の熱意が落ちるのは間違いない。
しかし、モハメッド後、1400年の回教は、ますます情熱が盛り上がっているように見える。
この違いはどこから来るのか。
日本でも仏教が一番盛り上がったのは、末法思想が世を席巻した平安末期と言われている。
イスラムにも、末法思想があるのだろうか。
マヤ文明はBC3000年ころから栄えていた。そのマヤのカレンダーによると、2012年12月21日で暦は切れているらしい。結構今それが米国では話題になっていて、世界の終りと予言する人も出てきている。天文学の世界では上記2012年12月21日に、惑星が一列に並ぶ。
したがって惑星間の引力の関係が狂って、地震、火山の爆発等の自然災害が起こるという人もいる。
私の見るところでは、米国の景気の最悪期は2013年となっており、マヤの話と変に符号している。
空恐ろしいことである。
スポンサーサイト



百花繚乱のマンハッタンよりご挨拶します

昨日、今日とマンハッタンの気温も20度を超え、桜の花も満開となりました。
まだ花びらが散るところまではいっていません。
私の住んでいるエリアは、マンハッタンのUpper Westといわれる場所で、具体的には102STのハドソン河に面した高台のアパートに住んでいます。11階なので、ハドソン河はもちろんの事、川向こうのNew Jersey州もよく見えて、眺望絶佳といえます。
この72STから120ST までの川沿いの道を、リバーサイド・ドライブといって、トラック乗り入れ禁止の車道に沿って、Turn of Century (世紀が変わるころすなわち1900年前後)に建てられた、クラシックなビル(全部住居)が並んでいます。全長ほぼ5キロ、別称NYのパリといわれている優雅なエリアです。
私の住んでいるビルも1905年に建てられたクラシックなビルです。
ビルを出ると、すぐリバーサイド・パークという公園が在ります。これはハドソン河沿いにやはり全長五キロの細長い公園で、近隣の人達にこよなく愛されている場所です。
NYといえば、セントラルパークと思いますが、セントラルパークは観光客が多く、リバーサイドパークは地元の人ばかりといった感じです。
その公園が今まさに百花繚乱で花が咲き乱れています。この美しいNYからとりあえず、読者の皆様にご挨拶いたします。よろしくお願いします。   若林 栄四

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 海外情報




大統領選の裏事情

米国大統領選挙の予備選挙で、民主党は大接戦を繰り広げているが、その背景で静かに変わりつつあるのが、イラク戦争に対する国民の意識である。

この1年ほどで見ると、戦争に対する関心が大幅に減退している。
一つには、米国兵の増派でイラクの治安が大幅に改善されたこと、したがって戦争継続に意味があるという意見も増えている。メディアの露出度もずいぶん落ちて、戦争のニュースの数は、ほぼ半分に減ってしまった。

そうなると、イラク戦争で、民主党が圧倒的に有利と見られていた、大統領選挙の行方もそれほど一方的に民主党有利でもなくなってきつつある、という風に変わりつつある。
その中で、民主党が何時までも、候補が決まらず、仲間内で喧嘩をしているのは好ましくないという意見が、民主党の中で強くなりつつある。

そこで、ヒラリー降しの感じが強まりつつある。ヒラリー危うしである。

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 海外情報




若林栄四のNY便り-1

米国では、銀行の8種類のローン全てで、支払い遅延が起こっている。8種類の全部は知らないが、クレディットカード、自動車ローン、住宅抵当ローン、パーソナルローン等々、すべてのカテゴリーで3ヶ月以上の支払い遅延が増えている。
ただローンの支払い遅延は遅行指標である。

一方、株式相場はどちらかというと、先行指標である。
遅行指標が改善するころには、株式相場は、既にはるか先を行っているという事になりかねない。
ファンダメンタルズで相場をやるということは、大きく利益機会を失う結果になることが多い。はっきりした良い材料が無いのに、株式に強気になるのは、プロのファンドマネジャーにとっては難しい。なぜなら失敗したときに、自己弁護のしようが無いからである。

その点個人投資家は、誰に説明する必要もないわけで、弁護をする必要もない。決算期もない。
そういう人たちは、テクニカル指標で、相場をやるべきだろう。



若林栄四のNY便り 

若林栄四のNY便りについて

このブログは、筆者がNYに住んで感じたことや、話題になっていることを金融、投資情報だけでなく、スポーツやミュージカル、映画に至るまで、幅広いテーマで書いて行くつもりです。
どうぞよろしく!

テーマ : 投資に役立つデータ - ジャンル : 株式・投資・マネー




4月下旬よりブログがスタートします。



「若林栄四 NewYork便り」は
4月下旬よりスタート予定です。








プロフィール

若林栄四

Author:若林栄四
1966年、京都大学法学部卒業。東京銀行(現、三菱東京UFJ銀行)入行。同行シンガポール支店為替課長、本店為替資金部課長、ニューヨーク支店次長を経1987年、勧角証券(アメリカ)執行副社長。1996年末退職。現在、米国(ニューヨーク)に在住、日本では外国為替コンサルタント会社である(株)ワカバヤシ エフエックス アソシエイツの代表取締役を務める。
著書:『大円高時代』(ダイヤモンド社/1994年8月)、『ドルの復活 円の失速』(ダイヤモンド社/1997年10月)、『勝つドル 負ける円』(フォレスト出版/1999年3月-大竹愼一氏との共著)、『黄金の相場学 2005~2010』(講談社/2004年12月)『黄金の相場学』(講談社+α文庫/2007年1月)など。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
近著紹介
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。